バイクを乗りまくり 写真を撮りまくり ぼやきを吠えまくり

このページの記事

関ヶ原の合戦 吉川広家(西軍) 陣跡   

2014/07/12 吉川広家 陣跡
2014/07/12

長宗我部盛親の時も、長束正家の時も、安国寺恵瓊の時も、毛利秀元の時も、名前が出ていた吉川広家(きっかわひろいえ)の陣跡。

岐阜県立不破高校の校門横の分譲地みたいなところに、ちょこんと説明看板が立っている。

この人物を語る前に、毛利家についてちょっと説明。
毛利元就(もとなり・広家のお爺さん)が三人の息子に対して話した「三本の矢」の話は有名だけど、その息子と言うのが隆元、元春、隆景の三人。本当はもっと兄弟がいたんだけど、正室の子供はこの三人だけでとても大切にされたそうな。で、嫡男(長男)の隆元は毛利家を継ぎ、次男の元春は吉川家に養子に、三男の隆景は小早川家に養子に入ったわけ。そして、父親の教え通り、三兄弟で協力し合い戦国時代を生き抜いてきた。(でも、隆元は元就より先に死んじゃうけど。元春と隆景は『軍師官兵衛』にもちょくちょく出ているので知ってる方は多いかと思う)
で、関ヶ原合戦時の毛利家関係と言えば、毛利秀元、吉川広家、小早川秀秋だよね。
この三人を簡単に言うと・・・・・
毛利秀元は、隆元の嫡男輝元が、子供がなかなか出来なかったことで、元就の側室の息子(穂井田元清)の息子を養子として迎え入れられた人物。つまり、従兄弟のところに養子にきた人物。
吉川広家は元春の三男で嫡男。元就の教えを引き継ぐ正統な血筋の人物。
小早川秀秋は、もともと北政所の兄の息子で、秀吉の後継者として大坂城に入ったけど、秀頼が生まれたもんだから、小早川隆景の所に養子に出された人物で、血筋的には毛利家と全く関係ない人物。
2014/07/12 吉川広家 陣跡なので、おいらが思うに、三人の中で毛利家を思う気持ちは広家が一番強かったんじゃないかな。
で、その広家が西軍なのに東軍が勝つと予想し、毛利家の所領安堵・安泰を条件に、東軍の黒田長政に内通。そして、当時の南宮山の下山口だったんだろうと思うけど、その場所に陣取り、その他の南宮山に陣取った武将から出撃の催促をされても「霧が深い」とか「これから弁当を食う」とかいろいろ理由をつけて出陣を拒否。つまり、山の出口を塞ぎ続けたようなもので、南宮山に構えた西軍の武将は戦に参加することが出来ずにそのまま合戦が終わっちゃったわけ。

広家にとっては、毛利輝元は石田三成と安国寺恵瓊にそそのかされて西軍総大将になったわけだし、内通で南宮山部隊を抑えたとの事で毛利家は安泰と思い込んでたんだけど、大坂城で西軍の連判状に輝元の花押があったことがわかり、毛利家は改易(おとり潰しみたいなもの)になる寸前までいったんだけど広家が必死に懇願。
その甲斐あって、広家が武功として与えられるはずだった周防・長門の37万石に毛利家が入って、吉川家はその中の岩国をもらうことになったんよね。
広家の毛利家への想いが強すぎた為とは言え、もともと112万石の所領が37万石に減らされた訳だから、吉川家は毛利家より代々冷たい眼差しで見られるようになったとさ。

歴史に「たら・れば」を言ってもしかたないけど、吉川広家のせいで足止めを食らった南宮山部隊の3万とも言われる兵が、戦に参加してたら西軍は勝てたんじゃない?・・・なんて思ってしまうよね。

関ヶ原合戦史跡地図

※おいら歴史は好きなのですが、知識としてはまだまだだと思っています。歴史賢者の方、間違いや追記等のご指摘があればコメントやメールを是非お願いします。


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
    ブログランキングに参加しています。
    今日もご覧いただきありがとうございました。

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術
タグ:関ヶ原の合戦 吉川広家 KSR110
  1.   2014/09/07(日) 23:40:22|
  2. 歴史 史跡 関ヶ原の合戦
  3. | コメント:0
<<2013/04/29 樽見鉄道樽見線 | ホーム | KLX125 不幸のバイク?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アマ蔵

Author:アマ蔵
大好きなバイクに乗って、好きな写真を撮ってます。

ツーリングレポや写真、その他管理人が思っていることを綴っていこうと思っています。


admin * Upload

QR
 × 携帯
 ○ スマホ


お約束

  • 画像及び文章の著作権は当ブログの管理人にあります。無許可での転用転載は禁止いたします。
  • 当ブログの内容により生じた損害について、その責任を負いません。
  • 誹謗中傷・広告・当ブログに内容がそぐわないコメントやトラックバックは削除します。
  • 当ブログはリンクフリーですのでご自身のHPやブログにリンクするのは自由です。
  • 動作確認ブラウザはInternetExplorer、GoogleChrome、Firefox(Ver.13以降)です。それ以外のブラウザの動作は保証いたしかねます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

カテゴリー一覧

全記事のタイトルを表示

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

タグ一覧

ブログ内検索

メールフォーム

連絡がございましたら
こちらからどうぞ。


あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: