バイクを乗りまくり 写真を撮りまくり ぼやきを吠えまくり

このページの記事

関ヶ原の合戦 小西行長(西軍) 陣跡   

東軍が続いてたんで、久しぶりの西軍を入れてみる。
2014/09/19 小西行長陣跡
2014/09/19

何故かGoogleマップにもその場所がちょっとずれてるけど記されている小西行長(こにし ゆきなが)の陣跡は、合戦開戦地の碑の近くで、ひっそりと佇んでいる。

2014/09/19 小西行長陣跡小西行長は他の武将とは成り立ち違い、最初は薬の行商人として岡山の大名の宇喜多家に行商に度々訪れていたが、その才覚を宇喜多直家(秀家の父)に見出され家臣として仕えるようなる。そしてその後、羽柴秀吉の三木城攻めの時に、宇喜多家の使者として秀吉の下に使わされ、秀吉にもその才覚を見出されて秀吉の家臣となる。その後、幾多の戦で武功を上げ、宇土、益城、八代の20万石の領主になり大名になる。つまり、秀吉と一緒で、1代で平民から大名になるという、いわゆる「成り上がり者」である。それからキリシタン大名としても有名だね。

2014/09/19 小西行長陣跡関ヶ原の合戦では、西軍は内通、寝返り、傍観とまともに戦をしなかった武将が多い中、戦の最前線において主力としてまともに戦った一人です。
行長はこの場に4000人(看板には6000)の兵で陣を構え、合戦中は善戦するも、小早川秀秋の寝返りにより、陣の横から攻め入られ、小西隊は混乱しそのまま退散。行長も伊吹山に逃走。合戦後に関ヶ原の庄屋に匿われたが、その後、竹中重門の家臣に引き渡されました。
最期として切腹を薦められるも、キリスト教は自害を禁止している為それを拒否し、石田三成、安国寺恵瓊と共に京都の六条河原にて斬首となりました。亡骸はカトリックの方式で葬られたとの事です。

関ヶ原合戦史跡地図

うーん、年内に陣跡だけでもすべて紹介しようと思ってたんだけど無理やね。年越し企画になるけどそこんとこヨロシク!。それから史跡シリーズはその場に訪れること調べることが面白くて、おいら自身がとても楽しんでいる。ブログとして需要があるかは疑問だけど関ヶ原合戦が終わっても続けていくつもりなんで、こちらもそこんとこヨロシク!


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
    ブログランキングに参加しています。
    今日もご覧いただきありがとうございました。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術
タグ:関ヶ原の合戦 小西行長
  1.   2014/12/07(日) 19:01:54|
  2. 歴史 史跡 関ヶ原の合戦
  3. | コメント:0
<<ふたつのスタンプラリー (5) | ホーム | 2013/06/02 北陸本線 春のSL北びわこ号3号 9243レ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アマ蔵

Author:アマ蔵
大好きなバイクに乗って、好きな写真を撮ってます。

ツーリングレポや写真、その他管理人が思っていることを綴っていこうと思っています。


admin * Upload

QR
 × 携帯
 ○ スマホ


お約束

  • 画像及び文章の著作権は当ブログの管理人にあります。無許可での転用転載は禁止いたします。
  • 当ブログの内容により生じた損害について、その責任を負いません。
  • 誹謗中傷・広告・当ブログに内容がそぐわないコメントやトラックバックは削除します。
  • 当ブログはリンクフリーですのでご自身のHPやブログにリンクするのは自由です。
  • 動作確認ブラウザはInternetExplorer、GoogleChrome、Firefox(Ver.13以降)です。それ以外のブラウザの動作は保証いたしかねます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

カテゴリー一覧

全記事のタイトルを表示

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

タグ一覧

ブログ内検索

メールフォーム

連絡がございましたら
こちらからどうぞ。


あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: