バイクを乗りまくり 写真を撮りまくり ぼやきを吠えまくり

このページの記事

関ヶ原の合戦 脇坂安治(西軍) 陣跡   

2015/01/25 脇坂安治陣跡
2015/01/25

小早川秀秋の寝返り対策として、配置された脇坂安治(わきさか やすはる)の陣跡は松尾山の麓にあります。
写真の物静かな林の中っぽい雰囲気とは裏腹に、すぐ近くに名神高速道路と東海道新幹線が通っていて、
とても騒々しい場所です。
2015/01/25 脇坂安治陣跡安治は、賤ヶ岳七本槍の一人で、豊臣政権下では、いくつもの戦いで武功をあげ、朝鮮出兵では、水軍陸軍と両方で活躍した武将です。
関ヶ原の合戦当時は、淡路洲本3万3千石の領主で東軍に属するつもりだったけど、石田三成が大坂で挙兵した時に大坂に滞在していた為、仕方なく西軍に属することになってしまったとの事。ただし、合戦前に藤堂高虎(東軍)と内通し、当日に寝返る確約をしていました。

2015/01/25 脇坂安治陣跡合戦当日は、小早川秀秋の寝返りを読んでいた大谷吉継の策として、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保の軍と共に松尾山の麓に陣取りました。最初は様子見で戦の状況を傍観してましたが、小早川秀秋の寝返りを確認し、東軍有利と読むや、寝返りの声を揚げ、大谷吉継の陣を攻撃しました。それに呼応した感じで朽木元綱、小川祐忠、赤座直保も寝返り、西軍敗退に至りました。
合戦の翌日には、三成の居城の佐和山城の攻撃もしています。
合戦後、当初西軍に属していたけど、高虎と内通し寝返りを確約していたので所領を安堵されました。ちなみに朽木元綱、小川祐忠、赤座直保は寝返りを確約していなかったので徳川家康から武功と認めらず、死罪にはならなかったけど減封や改易になりました。

関ヶ原合戦史跡地図

東軍有利とみて、東軍に寝返るって、ちょっとセコイような・・・・


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
    ブログランキングに参加しています。
    今日もご覧いただきありがとうございました。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術
タグ:関ヶ原の合戦 脇坂安治
  1.   2015/02/11(水) 19:18:29|
  2. 歴史 史跡 関ヶ原の合戦
  3. | コメント:0
<<【廃駅】疋田駅 (国鉄 北陸本線・柳ヶ瀬線) | ホーム | 故郷の石で弔う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アマ蔵

Author:アマ蔵
大好きなバイクに乗って、好きな写真を撮ってます。

ツーリングレポや写真、その他管理人が思っていることを綴っていこうと思っています。


admin * Upload

QR
 × 携帯
 ○ スマホ


お約束

  • 画像及び文章の著作権は当ブログの管理人にあります。無許可での転用転載は禁止いたします。
  • 当ブログの内容により生じた損害について、その責任を負いません。
  • 誹謗中傷・広告・当ブログに内容がそぐわないコメントやトラックバックは削除します。
  • 当ブログはリンクフリーですのでご自身のHPやブログにリンクするのは自由です。
  • 動作確認ブラウザはInternetExplorer、GoogleChrome、Firefox(Ver.13以降)です。それ以外のブラウザの動作は保証いたしかねます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

カテゴリー一覧

全記事のタイトルを表示

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

タグ一覧

ブログ内検索

メールフォーム

連絡がございましたら
こちらからどうぞ。


あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: