バイクを乗りまくり 写真を撮りまくり ぼやきを吠えまくり

このページの記事

お初に逢ってきた   

2015/03/01 常高寺
2015/03/01

えー、3月から4月にやった「18きっぷの旅」。
最近、多肉なことが多くて、なかなか記事にできなんだけど、えー加減、おいらも忘れてしまいそうなんで記事にしてみる。

2015/03/01 常高寺2015/03/01 常高寺
18きっぷの旅の1回目で赴いたのは、福井県小浜市の常高寺
立派な門だけど、文化財にはなっていないみたい。
本堂にいたっては、平成になってから火事があったようで、モダンな造りに建替えられて歴史的価値は全くもってなし。

2015/03/01 常高寺2015/03/01 常高寺
で、この常高寺って何ぞ?って感じだけど・・・・
実は戦国時代を数奇な運命で生き抜いた浅井三姉妹の次女「初(常高院)」の墓所である。
ちょっと高いけど拝観料を払って中を観してもらった。
初や夫の京極高次の肖像がや京極家代々の肖像画や書物が置いてあった。もちろん副製品だけど・・・
右の写真は、初の位牌とのこと、400年前のものか、古かったものは火事で燃えて新しく作り直したものかは不明。
それから、大河ドラマ「江 -女たちの戦国-」で、初役の水川あさみさんが着ていた衣装が展示してあった。

2015/03/01 常高院墓所2015/03/01 常高院墓所
そして、今回の旅の目的である、初の墓を観に行った。墓は寺の裏山にある。
流石に立派なお墓。
浅井三姉妹の中では、いちばん地味な感じがするけど、関ヶ原の合戦の時は夫の京極高次と共に大津城で立花宗重を相手に篭城戦をしたり、大坂の陣では、大坂城落城寸前まで豊臣側にいて、徳川と豊臣の仲介役として奔走。冬の陣では豊臣代表として徳川側の阿茶局と和睦交渉をしています。
それから、初と高次の間に子供は無く、妹で徳川秀忠の正室の「江」の四女を養子としてもらい受けています。
大坂の陣後は江戸に居を移して、江とはよく合っていたとのことです。
そして、寛永10年(1633年)、高次の側室の子の京極忠高の江戸屋敷で死去、享年64。
亡骸はこの常高寺で弔われました。
2015/03/01 常高院墓所初の墓の周りは、正面には7人の侍女のお墓が、両脇や背後には得度した尼僧達の墓で囲まれています。

予定ではココと小浜城跡も行きたかったんだけど、雨で靴の中がグチョグチョで、心が折れて訪問はココだけにまってしまった。
小浜城跡はまたいつの日かにでも。

悠々輪々 史跡マップ


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
    ブログランキングに参加しています。
    今日もご覧いただきありがとうございました。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術
タグ:18きっぷの旅 常高寺 常高院
  1.   2015/05/02(土) 22:25:28|
  2. 歴史 史跡 墓・供養塔・霊廟
  3. | コメント:0
<<2015/04/18 三裂星雲(M20)と干潟星雲(M8) | ホーム | 2015/04/29 XJR1300>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アマ蔵

Author:アマ蔵
大好きなバイクに乗って、好きな写真を撮ってます。

ツーリングレポや写真、その他管理人が思っていることを綴っていこうと思っています。


admin * Upload

QR
 × 携帯
 ○ スマホ


お約束

  • 画像及び文章の著作権は当ブログの管理人にあります。無許可での転用転載は禁止いたします。
  • 当ブログの内容により生じた損害について、その責任を負いません。
  • 誹謗中傷・広告・当ブログに内容がそぐわないコメントやトラックバックは削除します。
  • 当ブログはリンクフリーですのでご自身のHPやブログにリンクするのは自由です。
  • 動作確認ブラウザはInternetExplorer、GoogleChrome、Firefox(Ver.13以降)です。それ以外のブラウザの動作は保証いたしかねます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

カテゴリー一覧

全記事のタイトルを表示

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

タグ一覧

ブログ内検索

メールフォーム

連絡がございましたら
こちらからどうぞ。


あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: